テクニック 2016.05.09

転職先が決まったら上手に退職

転職先が決まったら、今の職場に退職の旨を伝えなければなりません。なるべく上手に伝え了解を得る、いわゆる円満退社にはコツがあります。いろいろと不満もあったのかもしれませんが、最後が喧嘩別れのようなかたちは避けたいもの。業界内に芳しくない評判が流れないとも限りません。

退職理由は嘘でもいい

辞めるといえば、必ず引き止められるでしょう。そう簡単に代わりの薬剤師が見つかる時代ではありません。経営者としては死活問題です。
「仕方ないな」とあきらめてもらえるのは、出産、育児、介護や配偶者の転勤ぐらいのもので、「そこを何とかならないか」と考え直しを促されることになります。

その際、退職の理由を正直に伝えるのも善し悪しです。給料が足りないからといったら必ず、検討するから辞めないでくれとなるはずです。経営者からしたら、辞められることによる損失、新しく求人を出して薬剤師を雇うための経費等を考えれば給料をアップした方が安いということもあるからです。
給料が満足のいく額に保証されるのなら転職の意味がなくなることになります。新しい職場はそれなりのストレスもあるでしょうから、今の職場にいる方が気楽です。
ただ、結果的に退職をちらつかせて交渉したことになり、同僚から反感をかうことにもなりかねません。
嘘も方便という言葉がありますが、退職の理由については波風の立たないものにしておくのが賢明です。

周りに迷惑のかからない退職を

退職の撤回は無理だとしても、引継ぎや補充人員の求人期間を考慮してほしいという申し出はあるでしょう。明日から来ませんではあまりにも酷です。

社会人として無責任といわれてもしかたありません。少なくも二か月ぐらい前には伝えてほしいというのが経営側の本音でしょうが、とはいえ、こちらも転職先がそんなに待ってくれるという保証はありません。それならば他をあたるなどといわれたら元も子もないわけで、転職先が譲ってもせいぜい一月ぐらいではないでしょうか。それもあなたをどれだけ必要としているかによります。

あなたの能力を評価しているのなら、前の職場での後始末に時間がかかることも理解してくれるでしょう。
いきなりやめて困るのは経営者だけでなく、同僚たちです。そのしわよせがいくことは避けられませんが、なるべく迷惑をかけないような工夫や根回しが必要ではないでしょうか。