ワークライフバランス 2016.09.23

趣味を重視したい薬剤師の働き方とは?

仕事をやりながら趣味にも没頭しているという方も多いと思います。 薬剤師というのはとても忙しい仕事ですので、なかなか趣味の時間が取れないという悩みを持つ方もいるかもしれません。 しかし忙しいとは言っても、どのような働き方をするかによって、薬剤師であっても仕事と趣味の時間を両立させることは可能です。

パートや派遣薬剤師として働く

まず、正社員ではなく、パートや派遣薬剤師として働くという選択肢があります。
派遣薬剤師であれば短い期間でも高収入が得られますし、会社の都合によって異動や転勤させられることもありません。 正社員ではないので、薬剤師の業界でよくある勉強会などへの参加も自由です。 残業もなく、時間の融通も利かせやすいため、趣味に時間を使いたいという薬剤師にはぴったりの働き方です。
パート勤務の場合も、派遣よりも収入面では少なくなってしまいますが、勤務日数や勤務時間などを自分の希望で決めやすいので、正社員よりも自由に働けます。
ただ、派遣薬剤師の場合、期間限定の仕事が多く、同じ職場で長期間働くことができません。 たとえ職場での評価が高くても、契約が終了するとともに仕事がなくなってしまうこともあるということです。
また、勤務地が自宅の近くとは限らないため、派遣先によっては通勤時間がかかってしまうこともあります。 パート勤務は、自宅の近くでしっかりと腰を落ち着けて働くことが可能ですが、派遣よりも時給が安く、経営不振などを理由に突然解雇されることもあり、長期間働ける保証がないという不安があります。
こうしたそれぞれのデメリットも理解した上で、パートや派遣で働くかどうかを検討するようにしてください。

病院勤務は避ける

趣味を重視したい薬剤師の方は、病院勤務は避けた方が無難だと思います。
病院での薬剤師業務は、基本的に相当忙しいと言えます。 病院という現場では薬剤師が不足している場合が多く、ひとりひとりが抱える仕事量が多くなってしまうためです。
そしてより高度なスキルや知識が要求される現場のため、勉強に費やす時間もかなり必要になります。勉強会なども多く、休日返上で参加しなければならないこともよくあります。
また、医療現場の最前線である病院は、「緊急事態」の連続で、想定外の業務が発生することも日常茶飯事です。 そのため医師に限らず、病院で働く薬剤師も夜勤や当直があり、時間外労働(残業)を求められることが多くあります。
こうした労働環境を考えると、病院勤務では趣味の時間を優先させて働くことは難しいと言えるでしょう。 プライベートの時間をきちんと確保したいという薬剤師は、調剤薬局などで働くことをおすすめします。
調剤薬局で働く場合、一人薬剤師になってしまう職場は避けましょう。 常駐する薬剤師の数は、日々の忙しさに限らず「休みの取りやすさ」にも関係してきますので、複数の薬剤師が働いている職場を選ぶようにしてください。