お金 2016.12.02

外資系製薬会社にヘッドハンティングされる 薬剤師の特徴とは?

有能な人材をスカウトして自社の即戦力にすることを「ヘッドハンティング」と言います。聞いたことがある方も多いと思いますが、医療業界においては、薬剤師のヘッドハンティングは行われているというイメージはあまりないのではないでしょうか。
しかし、その数は多くはありませんが、医療業界でも薬剤師のヘッドハンティングは行われています。
では、薬剤師がヘッドハンティングされるケースでは、具体的にどのような人材が対象となっているのでしょうか。ここでは、外資系製薬会社にヘッドハンティングされる薬剤師の特徴を挙げてみたいと思います。
 

何よりも高い能力を重視

外資系は基本的に実力がものを言う世界なので、高度な専門性を有した、能力・ポテンシャルの高い薬剤師がヘッドハンティングされやすいです。
そして、指示待ちでしか仕事ができないというのではなく、自分の頭で考えて、自分なりの判断を下したり結論を出したりできる能力が評価されます。
年齢のわりに高いポテンシャルを持ち、将来的に活躍できる人材であると期待できる人などもヘッドハンティングされやすいと言えます。
 

医薬品の研究をしている

ヘッドハンティングする側は、自社にとって即戦力になる人材かどうかでヘッドハンティングをするかしないかを決めます。
その際に最も評価されやすいと言われているのが、製薬会社で医薬品の研究・開発に携わっている薬剤師と、大学院で医薬品の研究をしている学生です。
なぜかというと、その人材の能力を、目に見える形で示すことができるからです。
たとえば、新薬の研究・開発に関わった薬剤師が、その成果を学会で発表したり、論文として発表していたりすると、引き抜きをする企業側にとっては、それがひとつの目安になるのです。
 

仕事に困らない程度の英語力

上層部に外国人がいる外資系企業であっても、日本国内の企業は社員のほとんどが日本人という場合が多く、そうした場合はコミュニケーションは日本語ですので、高度な英語力が必要ということはありません。
ただ、いくら仕事の能力が高くて評価されていたとしても、外資系は英語力が低いとやはり仕事に不都合が生じることが多いと言えます。海外にある本社や、各国にある支店などにいる人たちは外国人なので、日常的なメールや電話のやりとりなどでは英語力が求められます。
外資系でも以前とは比べ物にならないほど社員の英語力は上がっていますので、外資系で働くことを視野に入れている人は、ビジネス上で不自由しないだけの英語力を身に付けておくようにしましょう。
 
外資系の企業というのは非常に合理的で、実力主義が基本となっており、結果を残せる人は給与も高くなりますし、若くても重要なポストに就いている人も多くいます。
外資系製薬会社で働くことに憧れる人もいるかもしれませんが
「せっかくヘッドハンティングされたのだから転職する」
「給与や役職の待遇が良いから転職する」
と安易に決断してしまってはいけません。
自分の目指すべき将来像と、転職先の希望や条件を冷静に考えた上で判断するようにしましょう。