お金 2017.01.25

超えそうで超えられない!薬剤師が年収800万円の壁を越えるには?

働く薬剤師にとって、「年収」は最も関心のあるテーマと言えます。薬剤師の年収おける大きな壁は800万円と言われていますが
「本当に800万円ももらえるの?」
「どうすれば800万円の求人を探せるんだろう……」
と思っている方もいるかもしれません。
 
実際に年収800万円以上稼いでいる薬剤師の方は存在しており、求人も出ています。
高収入の求人探しのポイントや注意点をおさえた上で行動に移せば、その大きな壁を超えることも可能なのです。

年収800万円以上の求人とは?

薬剤師が800万円以上の年収を実現することはもちろん可能です。
しかしそれなりに条件があるのも事実です。では、それはどのようなものなのでしょうか? 高収入の求人に多い条件を見ていきましょう。
 
僻地の調剤薬局
年収800万円以上の求人で多いのが、首都圏や都市部からだいぶ離れた場所、いわゆる僻地にある調剤薬局の求人です。
しかも経験者限定であったり、土日出勤が可能などの条件が付きます。
 
そのような職場に勤務するということは転居する必要があり、その後の生活に慣れるまでにも苦労します。プライベートを充実させたい方や、子育てと両立させたい方は避けた方が無難でしょう。
 
製薬メーカーのCRA
製薬メーカーの求人で多いのがCRA(臨床開発モニター)です。薬剤を開発する際に必ず必要となる臨床試験(治験)において、担当病院における仕事の全てを担う仕事です。
 
CRAの給料は、仕事を覚えると大きく上がるという特徴があり、プロジェクトリーダーに昇格したり、部長職に就任するなど役職が付いた場合は、800万円以上の年収を得ることも可能です。
 
製薬メーカーの研究開発職
薬剤師求人の中でも、特に年収が高い傾向にあるのが、製薬メーカーの研究開発職です。
仕事のやりがいも大きく、薬学生にも人気の高い職場ですが、基本的には経験がある方でなければ転職は難しいです。
 
製薬メーカーの研究開発職を3年~5年ほど経験しているなど、設定されている条件が高めなのが特徴です。これは大手の製薬メーカーであるほどその傾向は顕著で、中途採用の方は即戦力となる経験者である場合がほとんどです。
経験が浅い方や、まったくの未経験者の転職は、かなり難しいと言わざるを得ません。

求人を探す際の注意点

薬剤師が年収800万円以上の求人で転職を成功させるためには、前職においてかなりの経験と実績を積んでいなければ難しいというのが現実です。
 
高収入の求人ということは、それだけ多くの求職者が応募するということなので、経験が浅いとそれだけでかなり不利になってしまいます。調剤薬局やドラッグストアの場合は、店長やチーフの経験、企業であれば、学歴に加え営業能力などが必要となるでしょう。
 
また、年収800万円以上の職場の特徴として、仕事がハードであるということが挙げられます。仕事が大変なため、給与を高く設定しないと人材が集まらないという事情があるのです。
 
求人募集には具体的に明記されてはいませんが、そうした職場は、休日返上で働いたり、残業もOKという薬剤師が多いようです。
そのため、プライベートの充実を最優先させたいという方は、年収800万円以上を目指すことは難しいでしょう。
 
 



年収800万円以上の職場へ転職することは、かなり狭き門であることがわかります。800万円以上の年収を得たいという方は、薬剤師を支援する転職サイトを活用することをオススメします。
プロの転職コンサルタントに相談し、自分に適した求人情報を提供してもらいながら探せば、高収入の職場にスムーズに転職することができるかもしれません。