準備 2017.02.06

一般的に許容範囲と言われる薬剤師の転職回数とは?

薬剤師の中には、何度も転職をしているという方が多くいます。
「キャリアアップを目指すため」
「職場に不満がある」
「子育てが落ち着いたので復職したい」など、その理由は人それぞれです。
しかし、あまりに転職回数が多いと転職する際に不利になるのでは?と不安に思う方もいるかもしれません。
今回は、転職回数が多い薬剤師は転職の際に不利になるのか?許容範囲の回数は?というテーマについて考えてみましょう。

転職回数が多いのは不利になるのか?

海外では、転職を繰り返すことは珍しくはありませんが、日本では転職回数が多いことは不利になることも多いようです。それは「雇ってもまたすぐにやめるのではないか」と思われてしまうからです。せっかく雇って研修なども受けさせて教育したにもかかわらず辞められては、その人にかけた時間とお金が無駄になってしまうので、雇用する側が慎重になるのは当然のことです。
転職回数が多くて、どの職場でも短期間しか働いていないとなると、どうしても不信感を抱いてしまいます。
 
しかし、それぞれの職場で1~2年以上の雇用期間があり、転職する理由もちゃんとしたものであれば、転職の際に不利になってしまうことはないでしょう。
それどころか、キャリアを重ねて十分な実績や経験を持つ薬剤師は即戦力となるうえに、新人を採用して育成する手間も省けるということもあるため、何度か転職をしていたとしても雇用する側は気にすることはないでしょう。

転職回数が少ないに越したことはない

薬剤師の平均在職年数は他の業種と比べるととても短く、転職を繰り返す人も多い業界であるといえます。転職をしたことがある薬剤師は珍しくはないので、転職経験があるからといって、それがマイナスの評価に直結するということはありません。
 
とはいえ、油断してはいけません。「転職=不利」ではないにしても、あまり回数が多いとやはり採用する側としては気になるというのも事実ですし、同じ能力や実績を持つ薬剤師なら、転職回数が少ない方を選ぶ可能性が高いといえるでしょう。
 
では、人事が気にする転職回数は何回くらいが基準となってくるのかというと、「30代で3回以上」「40代で4回以上」で多いと捉えられる傾向にあります。
しかし、たとえ転職回数が多くても、どこか1つでも長期間働いた経験があれば、問題ないと思ってもらえるようです。

転職回数が多い人の面接対策

転職回数は多くてもそれだけで不利になることはありませんが、より転職回数が少ない人が選ばれる場合もあります。そのため、転職回数が多い人はポイントをおさえてしっかりと「面接対策」をする必要があります。以下、そのポイントを3つ紹介します。
 
1.転職回数の多さを気にし過ぎない
転職回数の多さを自分で必要以上に気にしないことが大事です。
自分がそのことをネガティブに捉えて、言い訳や弁解ばかりを口にすると、面接官に良くない印象を与えてしまいます。転職理由の詳細を聞かれでもしない限り、自分の強みなどポジティブなところをアピールするようにしましょう。
 
2.ポジティブな転職理由を伝える
「人間関係が悪化したから」「給料に不満があった」など、ネガティブな転職理由を話してはいけません。「新しいスキルを身に付けるため」や「やったことのない仕事に挑戦したい」といったポジティブな理由であれば、面接官に良い印象を持ってもらいやすいでしょう。
 
3.明確なキャリアプランを伝える
これまでの職場で経験した成功体験を振り返り、次の職場でそれらの経験をどのように活かすのか、自分が将来どのような薬剤師になり、その職場に対してどのように役に立てるのか、明確なキャリアプランを立てるようにしましょう。
そうした強い意志があれば、たとえ転職回数が多くても、仕事への情熱があるしっかりとした人物だという印象を与えられます。
 



 
転職回数を重ねることによって、キャリアアップしている薬剤師は多くいます。ネガティブにならずに、それだけ経験と実績を積んできたと捉えることが大事です。自分の良いところを積極的にアピールできれば、転職で不利になるようなことはありませんので、前向きな気持ちで挑戦するようにしましょう。