転職事情 2017.02.10

薬局に転職する場合のオープニングスタッフのメリットとは?

薬剤師の求人の中にはオープニングスタッフを募集する求人があります。何かと大変そうとスルーしてしまっている人もいるかもしれませんが、それは非常にもったいないことだと思います。実は、オープニングスタッフで働くことはいくつかのメリットがあります。
今回は店舗のオープン時から働き始めることのメリットと、その求人を探す際のポイントを紹介します。

オープニングスタッフのメリット

1.多くのことを経験できる
まず、オープニングスタッフとして働き始めると、同僚とのコミュニケーションや店舗の雰囲気作り、患者さんとの関係性の構築など、たくさん考えることがあります。
一緒に働く仲間は全員が同期になるため、トラブルが起きたり悩んだりした時には助け合い、みんなで問題を解決していくので、薬剤師として飛躍的に成長できます。
 
今後転職することになっても、オープニングスタッフとしての経験と実績をアピールすることができるため、採用に有利に働くでしょう。
ゼロからの店舗作りとなるため、これまで経験してきた業務とは異なる苦労もあるかもしれませんが、自分を大きく成長させたい薬剤師にはおすすめです。
 
2.人間関係で悩むことがない
薬剤師が転職を考えるきっかけとして特に多いのが人間関係の悩みです。
すでに薬剤師同士の関係性ができあがっている輪の中に入っていくのは勇気がいります。
 
しかし、オープン当初からみんなで一緒に同期としてスタートする場合、わからないことがあれば教え合い助け合って店舗を作っていくため、強い仲間意識が芽生え、結束力も高まります。
複雑な人間関係とは無縁に、安心して働くことができることこそ、オープニングスタッフの最大のメリットといえるでしょう。
 
3.最新設備が整っている環境で働ける
昔からある店舗で働く場合、ひと昔前の古い設備しか揃っていないため効率が悪く、思うように仕事がはかどらないということがあります。マシンが古いとどうしても時間がかかってしまうため、細かく確認作業をするなど、よけいな仕事も出てきてしまいます。
 
その点、新たにオープンする店舗で働く場合は、最新の設備を使用しながら仕事をすることができます。店内のインテリアひとつとっても、こだわりのアイテムを自分たちで考えて配置する楽しさがあったり、ピカピカの店内で仕事をする気持ちよさも味わえます。
もし導入してほしい設備があれば、打診することも可能です。最新設備を使いながら、仲間たちと店舗作りができるわけですから、毎日楽しい気分で職場に行くことができるでしょう。

転職する際の注意点

オープニングスタッフの求人へ応募する際は、その企業・店舗の経営が安定しているかどうかを見極めることが大事です。どれほど魅力的な職場であったとしても、途中で経営難に陥って店舗が閉鎖されることになっては意味がありません。
 
地域に密着し、名前をよく聞く大手薬局チェーン店などは経営が安定している傾向にあり、毎日多くのお客さまが集まってきます。
 
そのような安心して働くことのできる企業であれば、すぐに潰れるといったリスクも低いため、薬剤師も安定したキャリアを積むことができます。
 



 
仲間と一緒に店舗を軌道に乗せるまでの苦労や喜びは、オープニングスタッフ以外の業務では経験できない貴重なものです。
自分を大きく成長させながら楽しく働きたいという薬剤師は、オープニングスタッフに挑戦してみることをオススメします。