ワークライフバランス 2017.03.23

薬剤師さんが結婚・出産を想定して転職活動を行うには?

給与面や人間関係、労働環境など、薬剤師が転職を決意する理由は様々ですが、薬剤師は男性より女性の方が多い職業ということもあり、結婚や出産を機に転職する方も多くいます。
 
しかし、そのような人生における大きな転機を迎えるタイミングでの転職は、仕事も家庭も何かとバタバタしがちで、ストレスを抱えてしまうことになりかねないため、オススメはできません。
 
そこで今回は、結婚・出産を想定した、女性薬剤師の転職活動について考えてみましょう。

転職活動は結婚や出産を想定して!

結婚や出産を想定した転職活動をすると言われても、「まだ恋人もいない状態だからイメージが湧かない」という方もいると思います。
 
しかし、早い段階から備えておくことで、いざそのときになっても、慣れた職場で安心して働き続けることができるのです。薬剤師業界は基本的に薬剤師が不足している職場が多いため、どの企業・店舗でも、結婚や出産を機に辞めてしまう薬剤師よりも、長期で働き続けられる人材を雇いたいと思っています。
 
ですので、転職コンサルタントや転職先の担当者に、産休や育休など福利厚生についての質問や要望をぶつけてみましょう。
薬剤師の求人には良い条件のものがたくさんありますので、妥協せずに探すことが大事です。

長期で働くなら全国チェーンの薬局

将来結婚する人が転勤の多い仕事をしていた場合、妻である薬剤師も夫が転勤する度に転職をすることになります。慣れない土地で新たな職場を探して働くというのは一度でも大変なことですが、それが何度も重なると想像以上にしんどい思いをすることになるでしょう。
 
そこでオススメなのが、全国チェーンの調剤薬局やドラッグストアへの転職です。
全国に店舗があるため、その企業をやめなくても店舗を変わるだけで済む場合があるからです。大きな企業であれば福利厚生もしっかりしているため、産休や育休が取りやすいというメリットもあります。
 
また、産休・育休後の復帰はブランクがあるため不安があるものですが、これも大手企業であれば研修体制が整っているので、安心して復帰することができます。

産休明けも働きやすい職場を探す

結婚後は家事・育児に時間を割きたいのでパートとして働きたいと考える方もいると思います。そうした方は、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるように、パート勤務の待遇も確認しておくと良いでしょう。
その際は給与面だけにとらわれないようにしてください。
企業によっては正社員と同等の福利厚生が用意されているところもありますので、入念に調べて見逃さないようにしてください。
 
産休から復帰した後に短時間勤務制度を使うことを考えている方もいると思います。
1日6時間の短時間勤務で正社員と同等の待遇を受けられるため、子供がまだ小さいうちは働きたくてもフルタイムで働くことができないママ薬剤師にとってはありがたい制度です。
 
時短勤務には法律で定められているものと、企業が独自に制度を設けている場合と2つのパターンがあります。
制度を利用するには「3歳未満の子供を育てていること」が条件となりますが、企業が独自に設けている場合は、3歳未満まで・小学校入学まで・小学校卒業まで、というように条件がかなり異なります。時短勤務を利用できる子供の年齢についてもきちんと確認しておくようにしましょう。
 
また、子供が小さいうちは、子供の急な体調不良によって休まなければいけなくなることもあります。たとえ産休・育休の制度が整っていたとしても、薬剤師不足の職場の場合、実際には休みが取りづらいということもあります。
人員に余裕のある職場なのか、都合に応じて急な休みが取れるのかについても事前に確認しておきましょう。
 
 
 


結婚や出産は思いもよらない時期に急に訪れることもあります。
その時に仕事もプライベートもスムーズにこなせるように、転職活動は結婚や出産を想定して行うことが賢明です。
今回説明したことを個人で1つずつ確認するのは大変ですので、転職コンサルタントに相談し、情報をまとめてもらうことをオススメします。