転職事情 2017.04.10

薬剤師として転職の希望条件を相手の企業に上手く伝える方法とは?

薬剤師が転職を考えているということは、何かしら自分なりの希望条件があると思います。転職してから「こんなはずではなかった」と後悔しないためには、その条件を相手の企業にしっかりと伝えることが必要です。
 
ただ、そうした交渉が苦手な方はどのように伝えたらいいのかわからないと思います。そこで今回は、転職の希望条件を上手に相手方に伝える方法をご説明したいと思います。

転職コンサルタントに伝えてもらう

転職活動をするときや、求人を探すときにほとんどの薬剤師が利用しているのが転職サイトです。働いている薬剤師や子育て中のママ薬剤師などは忙しくて転職活動を行う時間もあまりないと思います。自分一人で頑張るには限界がありますので、薬剤師専用の転職サイトに登録し、薬剤師業界の情報に詳しいプロの転職コンサルタントに協力してもらうと良いでしょう。
 
コンサルタントに頼めば、100社以上の求人の中からより自分の条件に合った職場を選択できますし、薬局や病院、製薬会社などの企業との交渉まですべて薬剤師の代わりに行ってくれます。もちろん希望条件も相手企業にうまく伝えてくれますので、安心して任せられます。
 
ただ、転職サイトによってその特徴は様々です。
「大手企業の求人が豊富」「地方の企業との繋がりが強い」「非公開求人が多い」「電話だけで対応を行う」「直接薬剤師と会って面談を行う」などの違いがありますので、そのことを理解したうえで活用するようにしましょう。

希望条件を具体的にする

転職サイトを利用する際に、自分がこれだけは譲れないという条件を明確にしておく必要があります。いざコンサルタントに希望条件を伝える時に、漠然とした話を伝えてしまっては意味がありません。
まず、なぜ今の職場を辞めるのか、その理由を紙に書き出してみましょう。そうすることによって、次の職場に求めることが明確になり、コンサルタントが相手方に伝えるべき内容がはっきりします。
 
「将来的に薬剤師としてやりたいことがあるので特定の分野を経験したい」「週にこれくらいしか働けない」など希望条件をはっきりとさせ、遠慮なくコンサルタントに伝えるようにしましょう。
 
 
もちろん非常識な条件は通るはずはありませんが、きちんと筋の通っている条件であれば交渉しても問題はありません。そうすることで転職後のミスマッチも回避することができます。交渉で失敗しないためにも、薬剤師専門の転職コンサルタントに相談してみましょう。