ワークライフバランス 2017.04.25

薬剤師がサービス残業を行わないようにできる工夫と対策とは?

薬剤師に限らず、働いている人であればサービス残業はできることならやりたくないというのが本音だと思います。
 
しかし現実には、仕事を頼まれたら断りきれない場合もあり、仕方なく残業を引き受けているという方も多くいるようです。
サービス残業を行うと、趣味などのプライベートな時間が削られたり、家族に寂しい思いをさせてしまうなど、やらされる側としてはとても迷惑な話です。
 
そこで今回は、薬剤師が働く職場でサービス残業が発生してしまう原因と、サービス残業を回避するための対策についてご紹介したいと思います。

サービス残業が発生する原因とは?

薬剤師に残業がおきやすい職場の特徴としては、以下のようなケースがあります。
 
新人薬剤師
職場によってもちろん異なりますが、新人薬剤師はサービス残業をやらされる傾向が強いといえます。「新人薬剤師は研修中だから残業手当は出ない」と言われることも多いようで、サービス残業の問題で悩んでいる新人薬剤師は多くいるようです。
 
門前の調剤薬局
総合病院の門前にある調剤薬局はとても忙しい職場です。こうした薬局では医療機関が混雑している場合などは診療が長引くため、残業になってしまうケースが多いのです。
 
次から次へと患者さんが来るため、店舗を閉められないという状態になるわけですが、雇用している側としては「常にこのような状態というわけではないので、いちいち残業代を払っていられない」となるようです。
 
薬局に薬剤師がひとり
薬剤師業界は慢性的な人材不足のため、薬剤師が1人しかいない調剤薬局も多くあります。患者さんに服薬指導をした後は、薬歴にその記録を残しますが、患者さんが大勢来る薬局だと勤務時間内に薬歴入力を終わらせることが難しいものです。
 
そうした場合でも、自分以外の薬剤師がいなければ助けてもらうこともできず、結局残業をすることになってしまうのです。複数の薬剤師が働いている職場では、人手不足になるリスクが低いため、残業を回避しやすくなるでしょう。

残業なしの求人を選ぶ

一般的な調剤薬局やドラッグストアでは、毎日のように残業が発生する職場というのも少なくありません。
求人広告には残業の有無を明記しているものがありますので、「残業なし」という条件で探せば、時間外労働のない職場を見つけることができます。

サービス残業のない職場の探し方

残業なしの条件で職場を見つけたとしても、実際に働いてみると「求人の条件と違う」というケースもあります。抗議をしたとしても「早く終わらせればいいだけでしょ」と言われたらそれ以上の反論はしにくいものです。
 
「こんなはずじゃなかった」とならないためには、求人に明記されてある“残業なし”という条件だけでは安心できません。そのため、面接の際に「御社では従業員にサービス残業をさせないためにどのような業務改善を行っていますか?」ときちんと確認する必要があります。

間に転職コンサルタントを入れる

サービス残業をさせないための業務改善について確認するとはいっても、面と向かってそのようなことは聞きづらいものですよね。企業との擦り合わせを円滑に行うためには、転職コンサルタントを間に入れることがポイントとなります。
 
転職コンサルタントは、その名の通り転職に関するプロなので、労働条件が悪い職場を見分けることができますし、こちらの言いづらいこともうまく企業側に伝えてくれます。こうした転職コンサルタントのサポートによって、日常的にサービス残業が発生している職場を回避することができるのです。
 



 
転職をしたあとでサービス残業が避けられない職場だとわかっても手遅れです。
そうならないためには、残業のない職場を確実に見つける必要があります。
 そのためには薬剤師転職サイトに登録をして、転職コンサルタントに相談しながら探すことをオススメします。どの転職サイトも基本的に登録は無料ですので、利用してみてはいかがでしょうか。