キャリアウーマン 2017.08.08

結婚した女性薬剤師が描く職場復帰とは?モデルケースを追ってみた!

薬剤師業界は女性の割合が男性よりも多いという特殊なところです。
最近では、家事や育児に積極的に関わる男性が増えてきてはいますが、現実には多くの女性薬剤師が出産や育児のために離職を余儀なくされています。
 
結婚した女性薬剤師は、そのような状況になることを見据えて、ママ薬剤師が働きやすい職場を探す必要があります。
 
今回は、結婚を機に転職を決意したある女性薬剤師のケースをご紹介しますので、結婚後に転職を考えている女性薬剤師さんはぜひ参考にしてください。

子供を預けるところを確保する

女性薬剤師のAさんは結婚を機に、ママ薬剤師になっても働きやすい職場に転職しようと決意しました。Aさんは理想的な転職先を自分だけで探すことは難しいと思い、薬剤師専門の転職サイトに登録しました。
 
Aさんは転職サイトのコンサルタントから、ママ薬剤師が働きやすい職場の重要なポイントを2つ伝えられました。
1つ目は「子供を預けられる施設があること」です。復職を望んでいても子供を預けるところを確保しておかないと困難になります。公立の保育園を確保するのが難しくなっているのが現状という中で、ママ薬剤師として子育てと仕事を両立させるためには、託児所付きの職場を見つけることが大事なポイントになります。
 
職場に託児所があれば保育所探しの手間を省けるだけでなく、保育所への送り迎えの手間を省くこともできるので、精神的にも体力的にも大きなメリットになります。また、子供がケガをしたり風邪をひいたりなど、何かあったときにすぐに駆けつけられるというメリットもあります。

出産・育児に理解のある薬剤師が多い職場

2つ目は「ママ薬剤師が多い職場」です。
出産・産休から復職した経験を持つママ薬剤師が多い職場であれば、他のママ薬剤師に対してもその大変さがわかっている分、いざという時も協力してくれます。
ママ薬剤師同士のつながりもできるため、何か困ったことがあれば相談もしやすいので、精神的にも楽に働くことができます。
 
職場の働きやすさは「人間関係」につきると言っても過言ではありません。出産・育児に理解のある薬剤師が多い職場を選ぶことは、産休後に職場復帰してから長く働いていくためには非常に大きなポイントといえるでしょう。

転職のプロに相談する

転職経験のない薬剤師が希望通りの職場を自分1人の力で見つけるのはかなり大変です。転職を成功させるためには、Aさんのように薬剤師専門の転職サイトに登録することをオススメします。
 
無料で登録するだけで、薬剤師業界の事情に精通したキャリアコンサルタントのサポートを受けることができます。
多くの求人の中から希望の条件にぴったりの求人を探してもらえる上に、見学や面接の日程調整なども代行してもらえます。
 
また、転職する際に意外と大変なのは「退職の仕方」です。退職届の書き方やそれを提出するタイミングだったり、わからないことがいろいろとあって苦労する方が多いのです。キャリアコンサルタントはそういった退職に関する部分も丁寧にアドバイスをしてくれます。
 
 
産休・育休で2~3年仕事から離れてしまったら、復職に対して不安になるのは当然のことです。
最低でも3~4社の転職サイトに登録して、プロのコンサルタントのサポートを受けることが賢い転職のやり方といえるでしょう。